FX初心者の方へ

FXの魅力とは

FXとは、「外国為替証拠金取引」のことをいいます。外貨に対して円の価値が上がっている状態を「円高」といい、逆に外貨に対して円の価値が下がっている状態を「円安」といいます。

 

わかりやすい仕組み
FXは単純に、円高の時に(外貨の価値が下がっている時)買い、円安の時に(外貨の価値が上がっている時)売る、若しくは、その逆で円安の時に売りから入って、円高の時に買い戻す、事によって利益が得られる仕組みです。この分かりやすい仕組みがFXの最大の魅力です。そして株とは違い、24時間いつでも取引が可能です。

 

レバレッジ
もう1つの魅力としては、「レバレッジ」が挙げられます。レバレッジとは「てこの原理」の意味で、レバレッジを高く設定する事により、少ない証拠金でもその何倍もの金額の取引が可能になるのです。

 

スワップポイント
「スワップポイント」も魅力の1つです。通貨によって金利が異なる為、他の国の通貨を買うことによって金利差が発生します。この金利差の事を「スワップポイント」といいます。FXは売買による為替差益で利益を得るイメージがありますが、実はこのスワップポイントも取引に於いてかなり重要です。日本の金利は低水準のため、多くの国に対してスワップポイントを得ることができます。

 

損失を最小限に抑えるロスカット

前述したように、FXはレバレッジにより少額の資金で多額の取引が可能になり、多くの利益を得ることができますが、逆に言えば、その分損失も大きくなります。

 

ロスカット
そこでその損失を最小限に抑えるのが「ロスカットルール」です。
ある程度の損失が出た時に、一定の所で歯止めをかけなければ、いずれ取り返しのつかない多額の損失を被る可能性が出てきます。

 

そうなる前にFX会社側で強制的に決済をしてポジションを閉じてしまうのです。
これを「ロスカットルール」といいます。

 

このルールがあるので、投資家達は多額の損失を防ぎ、安心して取引が出来るのです。
ロスカットルールは預け入れた証拠金の残額を基準として行われます。

≫FX初心者講座へ

FX 初心者のあなたにおすすめのFX会社はこちら!

上場企業であるSBIグループの会社です。

SBI FXではドル円0.27銭(※1万通貨注文まで※原則固定)
FXでは珍しい1通貨単位からのお取引が可能です。
全国約380行の金融機関からクイック入金が利用可能。

⇒ 1位の理由はこちら

ドル/円0.3銭をはじめ、ユーロ円0.6銭、ポンド円1.1銭。

高機能チャートをはじめ、初心者でも簡単「SINPLE TRADE」
iPhone、Android、iPadなどのモバイルツールもすべて対応。
システムも初心者向けと玄人向けに分かれていて使いやすい!

⇒ 2位の理由はこちら

ヤフー株式会社の100%子会社なんとFXでTポイントが貯まる!

デイトレーダーや中上級トレーダーも満足のクオリティ。
すべてのトレーダーに最高の取引環境と上達の機会を!
1,000円から始められるFX取引で初心者の方におすすめ!

⇒ 3位の理由はこちら

≫全てのFX会社ランキングはこちら

FXって何?

CMや広告で最近よく見るFX。ほんとうのところ、FXって何??

 

それは今人気の金融商品の名前です。
FXとは「Foreign Exchange」の英略です。正式には「外国為替証拠金取引」といいます。
「外為(がいため)」の略称でも呼ばれています。
ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

 

もう少し分かりやすく説明しますね。
お金は価値がその時々で変わるものなのです。
お金の価値がその時々で変わることをを「レート」と呼びます。

 

例えば、1ドル=98.65円とか言うのを聞いたことがあると思います。これが「レート」です。
1ドルあれば98.65円までモノを買えますという状態です。
でもこのレートの金額は常に変わっているのです。

 

今、100円を持っていて、今のレートが1ドル=100円の状態で、1ドルを100円で買ったとします。
その後、ドルのレートが1ドル=110円なりました。その時に、1ドルを110円で売ったとします。
ここの差で、10円を得をすることができました。これがFXです。

 

もしれを1,000万円でやると100万円も特をする計算になります。
逆に1ドル=190円になったとすると100万円も損をする計算です。
普通は、こんな怖いことはしないので大丈夫です。

 

FXのすごいところは、10,000円あれば、100万円分のドルを買うことができることです。
どういうことかというと、100万円分のドルを買うのに、10,000円を「証拠金」として取引ができます。
そのために「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。

 

例えば、1ドル=100円にのときに10,000円を証拠金として10,000ドル買ったとします。
(証拠金の100倍の金額です。これをレバレッジといいます。)
その後、1ドル=101円になったとします。10,000ドル=1,010,000円です。
そのタイミングで10,000ドルを1,010,000円で売ることによって、 差額の1万円を得ることができます。
ドルのレートが1円あがっただけで、1万円も増えるのです。
でもこのとき、ドルレートが1円下がると、1万円減ることになります。

≫FX初心者のための、その1へ